[メッセージ目次へ戻る]
「大切なのは神の言葉」使徒の働き6章1〜7節
「こうして神のことば、ますます広まって行き、エルサレムで、弟子の数が非常にふえて行った。」使徒の働き6章7節


「はなかんざし」花の少ない時期に北風に耐えながら可憐な花を咲かせてくれます。
 使徒の働きには、イエス様から使命を委ねられた使徒たちによって、どのようにして、キリストの福音が宣べ伝えられ、どのようにして、教会が形作られていったかが明らかにされています。
 6章1節では、「弟子たちが増えるにつれて」とあります。まず、教会の成長が告げられています。ところが、この初代教会の成長の歩みの中で、一つの問題が発生しました。私たち、教会に集う者にとっては、教会にトラブルがあるなんて、一般社会ならともかく、教会でトラブルなどあってはならない、あってほしくないと考えるでしょう。
 しかし、成長の著しい初代教会においても、トラブルが存在したのです。それは、教会といえども弱い不完全な人間の集まりだからです。サタンは、そういったところに巧妙に働きますから、私たちは十分に気をつける必要があるでしょう。
 さて、初代教会にどのようなトラブルが起こったのでしょうか。初代教会には、異なる文化を持つ二つのグル−プがありました。育ちの異なる人たちが、一つの教会に存在したのです。
 第一のグル−プはギリシャ語を使うユダヤ人です。もう一つのグル−プは、ヘブル語を使うユダヤ人と記されている人たちです。この二つのグル−プの間に問題が発生しました。やもめへの配給をめぐって、トラブルが起こりました。やもめの配給に不平等があったからです。ギリシャ語を使うユダヤ人のやもめに対する配給が、なおざりにされていたのです。
 さて、この初代教会に発生した問題は、どのように解決されたのでしょうか。まず、この問題発生にともない、教会を代表する12使徒たちによって、この問題に対する解決案が検討されました。
 そして、弟子たち全員が召集されて、12使徒らによって考えられた解決案が発表されました。この解決案で、私たちが注目したいことは、この問題を解決する理由です。何のためにやもめの配給の問題を解決する必要があるかです。それは、2節にありますように、「私たちが神の言葉をあと回しにして、食卓のことに仕えるのはよくありません。」ということです。
 ここで問題として表面化しているのは、やもめの配給に関することです。不公平になって、不満が出ているやもめの配給をどうにかしなければいけないという事です。しかし問題発生にともなって、解決が必要な理由は、「私たちが、神のことばをあと回しにして、食卓のことに仕えるのは良くありません。」ということなのです。
 もちろん、やもめの配給問題が、小さなこと、とるに足りない事ではありません。しかし、12使徒がこの働きに直接関わっていることによって、優先されるべき大切な働きがおろそかになってしまうのです。教会の指導的立場にある12使徒、み言葉の取り継ぎの職務にある彼らにとって、もっとも大切なのは神の言葉における奉仕でした。礼拝において御言葉を取り次ぐ、それが12使徒にとって一番大切な奉仕なのです。教会において、神の言葉が第一とされるために、礼拝の職務が尊ばれるために、12使徒を支える7人の執事が選ばれることになったのです。
 さて、この7人の執事は、どのようにして選ばれたのでしょうか。すぐに選挙が行なわれたのでしょうか。いいえ違います。まず使徒たちから、執事すなわち役員の資格とその人数が明らかにされます。
 その資格とは、「御霊と知恵とに満ちた評判の良い人」ということです。第一の資格は御霊に満ちた人。「御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。」(ガラテヤ5:22〜23)こういった実を結んでいる人です。
 次に、「知恵に満ちた人」とあります。神様が与えて下さる知恵です。他のクリスチャンの信仰と徳とを高めることのできる知恵です。教会は人間の身体にたとえられます。多くの賜物と個性を持った人たちが集まります。そういった人々をキリストの枝々としてまとめあげていく知恵が、執事、役員となるものには必要なのです。結び目としての働き、信徒同志を、牧師と信徒を、何よりも主と結び合わせる働きをする知恵です。
 そして、最後が「評判の良い人」です。この言葉の意味は「実証されている人」ということです。すなわち良い証を立てている人ということです。
 この提案は、教会全員の承認する処となり、7人の執事が選ばれました。そして、選ばれた7名の者は、12使徒の前に立ち任務が公に示されました。このようにして、これまで使徒たちがしてきたやもめの配給という奉仕は7人の執事に委ねられ、12使徒たちは、もっぱら祈りとみ言葉の奉仕に励むことになったのです。
 最後に、7節には次のように締めくくられています。「こうして神のことばは、ますます広まって行き、エルサレムで、弟子の数が非常にふえて行った。そして多くの祭司たちが次々に信仰に入った。」とあります。ここで注目したいことは、神の言葉の行方にスポットが当てられていることです。私たちはここで、やもめの配給に関する問題が解決した。と述べられることを想像いたしますが、そのようには記されてはいません。ここで最後の締めくくりとして述べられていることは、神の言葉の行方です。
 つまり、教会の歩みの中で大切なことは、神の言葉が語り続けられるということです。礼拝において、祈祷会において、家庭集会において、神の言葉が語り続けられることが大切なのです。教会には、様々な奉仕がございます。そういった一つ一つの奉仕は、神の言葉が語り続けられるために必要な奉仕なのです。
 白山めぐみキリスト教会は、2004年に、この地に新しい会堂を献堂いたしました。天幕が大きく広げられました。地境いを広げるようにとの主の召しに、信仰をもって、この素晴らしい会堂をお献げしたのです。後は、私たちが、この委ねられた会堂を通して、どのように主の教会に仕えていくのかということが求められているのではないでしょうか。今までもなされてきたように、これからも、神の言葉が語り続けられるために、心を合わせていきたいと思います。私たちに与えられている賜物や機会を生かして、神の言葉を宣べ伝えていきましょう。

      (1月30日 礼拝説教要旨)