[メッセージ目次へ戻る]
「良いサマリヤ人のたとえ」 ルカの福音書10章25〜37節
「するとイエスは言われた。『あなたも行って同じようにしなさい。』」   ルカの福音書10章37節   


水  仙
 このたとえ話は、律法の専門家からの質問に対する答えとして語られた、イエスさまのたとえ話です。律法の専門家は、「先生。何をしたら永遠のいのちを自分のものとして受けることができるでしょうか。」とあります。これは、人生において、とても大切な質問です。しかし、「イエスを試そうとして」(10章25節)とありますように、イエスさまに、本当の真理を教えていただきたいという気持ちではなく、イエスさまを試す気持ちで、このような質問をしたのです。
 律法の専門家は、聖書の知識はありました。しかし、聖書の教えを正しく理解し、聖書の教えを実行しようとはしていませんでした。イエスさまは、そんな彼に、一つのたとえ話を語り、彼の間違いを、隣人とは誰なのかということを教えられました。
 ある人が、エルサレムからエリコに下る道、強盗に襲われました。当時、エルサレムからエリコへの道は、たいへん危険な道として知られていました。
通常は、大人数で移動します。また、個人の場合は、護衛を付けて旅をするのです。ところが、このたとえ話しに登場する人物は、一人で旅をしていたのです。そして、強盗に襲われることになってしまったのです。
 彼が、強盗に襲われて、傷を負い、倒れていると、そこに三人の人が通りかかりました。一人は、祭司、一人は、レビ人、一人は、サマリヤ人でした。祭司とレビ人は、どうしたでしょうか。彼らは、見ると、反対側を通り過ぎていったとあります。
 しかし、三人目のサマリヤ人は、強盗に襲われた旅人と、決して仲の良い関係ではありませんでしたが、「かわいそうに思い」(33節)とありますように、彼に対する同情心から、傷に、オリーブ油とぶどう酒を注いで、包帯をして、自分の家畜に乗せて宿屋に連れていき介抱してあげたとあります。
 イエスさまは、ただ聞く者ではなく、みことばを実行することの大切さを教えておられます。私たちも、ともすると聖書知識ばかりが増えて、人に対しては、色々と要求するのに、自分自身は、全く、その教えを実行していないということがあるのではないでしょうか。
 実は、このたとえ話しには、もう一つの学び方があるのです。多くの人は、このたとえ話を読むと、自分は、サマリヤ人のようではなく、祭司やレビ人と一緒だと思い、なかなか、人を愛することのできない自分を示されて、がっかりすると思います。
このたとえ話しの、もう一つの読み方とは、自分を、祭司やレビ人ではなく、強盗に襲われた  旅人にたとえるのです。この強盗に襲われた旅人とはどのような人でしょうか。まず、このエルサレムからエリコに一人で下るという、向こう見ずな、浅薄な人、考えなしに行動する人です。しかし、そんな人物でありましたが、ただ、かわいそうに思って、という同情心によって、サマリヤ人に、肉体の傷を介抱してもらいました。
 私たちも、神さまの目から見るならば、向こう見ずな者であり、浅薄な者で、考えなしに行動してしまうことの多い者ではないでしょうか。ただイエスさまの憐れみにすがるしかない、愚かな者だと思います。
 しかし、私たちは人生の途上において、大きな問題の前に、本当に途方にくれていた時に、イエスさまが、私たちの前に、現れてくださり救っていただいた一人ひとりではないでしょうか。
 私は、このたとえ話に登場する、介抱してもらった旅人は、その後、どのような歩みをしたのかを考えますと、憐れみをかけてもらった者として、憐れみ深く生きていったのではないかと思うのです。
 自分と同じような境遇に置かれていた人がいたならば、決して、見てみぬふりをするということは、しなかったと思うのです。強盗に襲われた時の恐ろしさ、ショック、苦しみ、痛み、悲しみを知っていましたし、そこから救われた喜び、感謝も知っていたからです。
 そのようなことを考えますときに、隣人を愛する者とさせていただくために大切なことは、もっと神様の愛に目が開かれるということではないかと思います。
 私たちの日々の歩みの中には、大変なことがたくさんあります。しかし、そのような中にあっても、主のみことばに聞き、主に信頼して歩む、そして、苦しいところから救い出される。そういう経験を重ねていくことを通して、神さまの愛を経験することができ、神さまから、自分は、愛されているのだということが分かる時に、初めて、「隣人をあなた自身のように愛せよ。」という言葉が、私たちの日々の生活の中に行動として、現れてくるのだと思います。
 また、このイエスさまが語られたたとえ話を通して、神さまの愛、本当の愛とは、どのようなものであるかを教えていただくことができます。
 まず、第一に、本当の愛とは、敵をも愛する愛です。ユダヤ人は、サマリヤ人を軽蔑していました。交わりをしませんでした。ユダヤ人は、サマリヤ人を敵視していたのです。しかし、このサマリヤ人は、ユダヤ人との大きな溝を乗り越えて愛しました。
 第二に、本当の愛は、自分の損害をも引き受ける愛です。彼は、強盗に襲われる危険な場所に立ち止まって、この人に仕えたのです。
 第三に、本当の愛は、身銭を切る愛です。彼は、強盗に襲われた人を介抱するとともに、彼を宿屋の主人にあずけ、かかった費用は、私が負担しますと約束しています。
 第四に、何よりも大切なことが、このたとえ話で教えられています。それは、26節にありますように、「隣人になる。」ということです。律法の専門家が、「私の隣人とはだれか。」誰かを知ることではなく、「私は誰の隣人になったか。」が問題なのです。
 パウロは、エペソのクリスチャンに宛てた手紙の中で、「人知をはるかに越えたキリストの愛を知ることができますように。」(3:19)そして、「その広さ、長さ、高さ、深さがどれほどであるかを理解する力を持つようになり」(3:18)と祈り願っています。
 どうか、私たちが、日々の歩みの中において、主のみことばに聞き、主に信頼して歩み、そして、様々な苦しい状況から救い出される。そのような経験を通して、神の愛を経験し、理解する力が与えられますように、そして、具体的に隣人を愛する。隣人になる。そういう者とならせていただきたいと思います。 
    (2012年1月22日 礼拝説教要旨)