[メッセージ目次へ戻る]
「復活の希望」  コリント人への手紙第一15章35〜58節
「しかし、神に感謝すべきです。神は、私たちの主イエス・キリストによって、私たちに勝利を与えて下さいました。」
 コリント人への手紙第一15章58節   


クレマチス
 本日の聖書個所には、何が書いてあるのでしょうか。15章35節にありますように、@ 死者は、どのようによみがえるのか。Aどのような体が与えられるのか。という問いに対する答えです。これはとても大切な事柄です。将来、イエス・キリストを信じる者に、何がいただけるのか。それを知らないでいるなら、希望を持つことはできないでしょう。将来、自分に与えられるものがおぼろげであるより、具体的に分かる方が良いと思います。はっきりと分かっているなら、自分も安心して、希望を持って生きることができるし、他の人にも喜んで伝えることができるでしょう。
 パウロは、種を例にあげて、どのようによみがえるのかを説明しています。植物というのは、花を咲かせ、実を結び、最後に種をつくります。その種は、一度、地に落ちて朽ちます。しかし、また春になると、朽ちた種から、新しい芽が出て、成長し、再び花を咲かせるのです。それと同様に、私たちに与えられている肉体も、いつかは死ぬ時が来ます。そして、土にかえっていくのです。しかし、一度、肉体は死にますが、新しい体が与えられるというのです。
 また、その種には種類があって、それぞれの体があります。「すべての肉が同じではなく、人間の肉もあり、獣の肉もあり、鳥の肉もあり、魚の肉もあるのです。」(39節)とあります。それと同じように、私たち人間の体にも、「天上のからだ」と「地上のからだ」があるのです。
 私たちは、人間の体と言うと、この肉体のことだけだと考える人がほとんどだと思いますが、聖書を読むと、体には、二つの体があることが教えられています。「天上のからだ」と「地上のからだ」です。「天上のからだ」とは、その言葉からも想像できると思いますが、天国で生きる時に必要な体であり、「地上のからだ」は、この地上を生きる時に必要な体です。
 そして、40節後半に「天上のからだの栄光」と「地上のからだの栄光」という表現がありますが、「天上のからだ」にも「地上のからだ」にも、それぞれの栄光がある。それぞれの素晴らしさがあるのです。
 「地上のからだ」の素晴らしさについては、これまでにもお話ししてきたことであります。人間の体は、科学的に観察すると、まさに奇跡としか言いようがないような精巧さで、かつ美しくできているのです。このような素晴らしい肉体を、神様が設計し、造り上げ、私たち一人ひとりに、与えて下さいました。
 それでは、「天上のからだ」の素晴らしさとは、どのようなものでしょうか。パウロは、肉の体との違いについて述べる中で、「天上のからだ」の素晴らしさを説明しています。
 「朽ちるもので蒔かれ、朽ちないものによみがえらせ」(42節)とあります。「地上のからだ」は、素晴らしいものでありますが、時がくれば朽ちてしまいます。しかし、「天上のからだ」は朽ちることがないというのです。
 「卑しいもので蒔かれ、栄光あるものによみがえる」(43節)とあります。「地上のからだ」は、確かに素晴らしいのですが、生まれながらの人間は、罪人であり、また、罪の結果、死ななければならい宿命にあります。そういう意味で、卑しいものなのです。しかし、「天上のからだ」は、罪と死の影響を全く受けない、完全な神様の栄光の表れなのです。
 パウロは、50節以降のところで、復活に関する奥義として、二つのことを明らかにしています。まず、第一の奥義は、「血肉のからだは神の国を相続できません。」ということです。血肉の体では、天国へ行くことができないのです。イエスさまは、神であられる方でしたが、人として、肉の体で、この世にお生まれ下さいました。しかし、天に帰られる時は、死んで、よみがえられて、もう一度、栄光の体に戻られて、天に帰られました。私たちも天国で過ごすためには、今の肉の体を捨てる必要があるのです。朽ちるものは、朽ちないものを相続できないのです。朽ちない「天上のからだ」にかえていただく必要があるのです。
 第二の奥義は、何でしょうか。「私たちはみな、眠ることになるのではなく変えられるのです。」(51節)とあります。ここでパウロが言う「眠る」とは、肉体の死のことです。つまり、この言葉の意味は、人は死んでしまうのではなく、復活の体に変えられるということです。
 イエスさまは、復活された後、40日間、弟子たちの前に現われて、ご自分が復活したことを示されました。そのイエスさまのお姿を通して、私たちに与えられる復活の体とは、どのようなものかを教えていただくことができます。ルカの福音書24章39節以降をご覧いただくと、イエスさまは、「わたしの手や足を見なさい。」と言われました。また、見るだけではなく、「さわりなさい。」とも言われています。さらに「霊ならこんな肉や骨はありません。」と言われました。つまり、このところから、復活の体というのは、霊ではありません。見ても分かるし、さわることもできるし、骨や肉もあるのです。食べることもできる体であることが分かります。
 また、彼らは、その方が、イエスさまであることが分かったように、イエスさまは、全く新しい体に変えられたのですが、地上で持っておられた、人格と個性は継続して持っていたことが分かります。ですから、私たちも、全く新しい体をいただくことになるのですが、人格と個性は継続していて、相手が誰かわかる。そういう体によみがえることができるのです。
 さらに、別の福音書の中で、復活のイエスさまが閉め切った部屋に自由に入って来られたことが書いてありますが、その体は、物質にも自然法則にも妨げられることのない、霊の体であることが分かります。いかがでしょうか。そのような新しい体を、私たちは、いただくことができるのです。
 本日は、私たちに与えられている本物の希望、復活について学びました。私たちには、復活の希望が与えられているのです。私たちは、すでに勝利が約束されていること、朽ちることのない体が約束され、地上の生涯を終えて、主の再臨の時には、「天上のからだ」が与えられ、主と同じ栄光の体にかえられ、永遠のいのちが与えられます。そして、主とともに生きることができる日を待ち望んでいきたいと思います。そこに希望を置きながら、日々、主に感謝をささげつつ、主の業にいつも励んでいきたい。そのように願わされます。
(2012年4月15日 礼拝説教要旨)